PythonでOpenCV

以下のページを参考にしてMacにOpenCVを入れてPythonで動かしてみた。
Macでpython+opencvを使う

画像マッチングの例はなぜかFlannBasedMatcherを使うとエラーが出て失敗するので、 ここを参考にして、 BFMatcherを使って動作確認した。


import numpy as np
import cv2
from matplotlib import pyplot as plt

MIN_MATCH_COUNT = 10

img1 = cv2.imread('box.png',0) # queryImage
img2 = cv2.imread('box_in_scene.png',0) # trainImage

# Initiate SIFT detector
sift = cv2.xfeatures2d.SIFT_create()

# find the keypoints and descriptors with SIFT
kp1, des1 = sift.detectAndCompute(img1,None)
kp2, des2 = sift.detectAndCompute(img2,None)

FLANN_INDEX_KDTREE = 0
index_params = dict(algorithm = FLANN_INDEX_KDTREE, trees = 5)
search_params = dict(checks = 50)

bf = cv2.BFMatcher()

matches = bf.knnMatch(des1, des2, k=2)

# store all the good matches as per Lowe's ratio test.
good = []
for m,n in matches:
if m.distance < 0.7*n.distance:
good.append(m)

if len(good)>MIN_MATCH_COUNT:
src_pts = np.float32([ kp1[m.queryIdx].pt for m in good ]).reshape(-1,1,2)
dst_pts = np.float32([ kp2[m.trainIdx].pt for m in good ]).reshape(-1,1,2)

M, mask = cv2.findHomography(src_pts, dst_pts, cv2.RANSAC,5.0)
matchesMask = mask.ravel().tolist()

h,w = img1.shape
pts = np.float32([ [0,0],[0,h-1],[w-1,h-1],[w-1,0] ]).reshape(-1,1,2)
dst = cv2.perspectiveTransform(pts,M)

img2 = cv2.polylines(img2,[np.int32(dst)],True,255,3, cv2.LINE_AA)

else:
print "Not enough matches are found - %d/%d" % (len(good),MIN_MATCH_COUNT)
matchesMask = None

draw_params = dict(matchColor = (0,255,0), # draw matches in green color
singlePointColor = None,
matchesMask = matchesMask, # draw only inliers
flags = 2)

img3 = cv2.drawMatches(img1,kp1,img2,kp2,good,None,**draw_params)

plt.imshow(img3, 'gray'),plt.show()

実行結果

MacをEl CapitanにアップグレードしたらHomebrewが上手くいかなくなった

ふと気が向いてEl CapitanにアップグレードしたらHomebrewが上手くいかなくなった。
どうやら新たに入ったSIPという機能により/usr以下のフォルダの権限を制限しているらしい
以下のコマンドで権限を付与すれば良い。 sudo chown -R $(whoami):admin /usr/local なにやら定期的に権限が書き換わってしまうこともあるそうなので、その場合には定期的に上記のコマンドを実行するなどする必要がありそう。
ちなみにHomebrewの開発チームでも/usr/local以下に置くことを見直そうか検討されているそうです。

Soft Skillsを読み始めた

以下の記事を読んで気になっていたSoft Skillsという本を冬休みで暇なので読み始めた。
プログラマ向けに書かれた「Soft Skills」という本がすごいという話 – サンフランシスコではたらくソフトウェアエンジニア

まだ20章くらいを読んでいる状態だけども、確かに面白い。
プログラマのための自己啓発書といった感じであり、有用な内容も多い。
例えば、フリーランスで働くべきかといったところでは、デメリットも強調して書かれていたり、最初のスタートアップはほぼ失敗するといったことが書かれており、そういうことで悩んでいるのなら一読の価値はある。
目次をパラパラみると最後の方には健康についての記事もあり、今後読んでいくのが楽しみ。
間違いなく近いうちに日本語訳が出ると思うが、英語もかなり平易なので英語の勉強も兼ねて読んでみるのも良いかと思います。