The Nix

洋書の小説でこれはすごい小説だ、という話を聞いて「The Nix」を購入した。

600ページもある小説なので、最後まで読み通せるか不安ではあったが、読んでみると引き込まれる物語だった。
登場人物はみんなどこかしら壊れており、複数の物語が流れており、時代は前後して、一体この物語はどこへ向かうのだろう?と読みながら気になっていたが、ラストに向けて確かに物語は上手く収束して、これで良かったんだろうと思わせる不思議な力がある。

そのうち翻訳も出るだろうから、ぜひとも読んでもらいたい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です