「Machine Learning – A Probabilistic Perspective」第4章を読んだ

前回(「Machine Learning – A Probabilistic Perspective」第3章を読んだ。)の続き。

4章は多変数ガウシアンモデルについて。この章は数学的に他の章よりも難しいと、一番初めに書かれており確かにその通りで難しい。流し読みな感じだけど大丈夫だろうか。

分かりやすい解説スライドを見つけたのでこれで復習しよう。

 

目次は以下の通り。(*がついているところは数学的に難易度が高いところ)

  • 4 Gaussian models
    • 4.1 Introduction
      • 4.1.1 Notation
      • 4.1.2 Basics
      • 4.1.3 MLE for an MVN
      • 4.1.4 Maximum entropy derivation of the Gaussian *
    • 4.2 Gaussian discriminant analysis
      • 4.2.1 Quadratic discriminant analysis (QDA)
      • 4.2.2 Linear discriminant analysis (LDA)
      • 4.2.3 Two-class LDA
      • 4.2.4 MLE for discriminant analysis
      • 4.2.5 Strategies for preventing overfitting
      • 4.2.6 Regularized LDA *
      • 4.2.7 Diagonal LDA
      • 4.2.8 Nearest shrunken centroids classifier *
    • 4.3 Inference in jointly Gaussian distributions
      • 4.3.1 Statement of the result
      • 4.3.2 Examples
      • 4.3.3 Information form
      • 4.3.4 Proof of the result *
    • 4.4 Linear Gaussian systems
      • 4.4.1 Statement of the result
      • 4.4.2 Examples
      • 4.4.3 Proof of the result *
    • 4.5 Digression: The Wishart distribution *
      • 4.5.1 Inverse Wishart distribution
      • 4.5.2 Visualizing the Wishart distribution *
    • 4.6 Inferring the parameters of an MVN
      • 4.6.1 Posterior distribution of μ
      • 4.6.2 Posterior distribution of Σ *
      • 4.6.3 Posterior distribution of μ and Σ *
      • 4.6.4 Sensor fusion with unknown precisions *

Linear Discriminant Analysisがどういうものか何となくわかった気がする。もうちょっと復習が必要だが、とりあえず先に進んでみる。先ほどのスライドにもあったが、ガウス分布はシンプルでありながら現実に即した分布であるので、解釈がしやすい分布であり、線形代数で計算がすむということで広く使われている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です