「Machine Learning – A Probabilistic Perspective」第5章を読んだ

前回(「Machine Learning – A Probabilistic Perspective」第4章を読んだ)の続き。

第5章はベイジアン統計について。基本的に著者はベイジアンの立場を取っているようで、本書はここまでベイズ統計の立場から機械学習モデルの解説をしている。次の章は、頻度統計の立場の話だが、そこではなぜ頻度統計ではなくベイジアンの見方を取るべきなのかということが語られている。

分かりやすい解説スライドへのリンクを張っておきます。

目次は以下の通り。

  • 5 Bayesian statistics
    • 5.1 Introduction
    • 5.2 Summarizing posterior distributions
      • 5.2.1 MAP estimation
      • 5.2.2 Credible intervals
      • 5.2.3 Inference for a difference in proportions
    • 5.3 Bayesian model selection
      • 5.3.1 Bayesian Occam’s razor
      • 5.3.2 Computing the marginal likelihood (evidence)
      • 5.3.3 Bayes factors
      • 5.3.4 Jeffreys-Lindley paradox *
    • 5.4 Priors
      • 5.4.1 Uninformative priors
      • 5.4.2 Jeffreys priors *
      • 5.4.3 Robust priors
      • 5.4.4 Mixtures of conjugate priors
    • 5.5 Hierarchical Bayes
      • 5.5.1 Example: modeling related cancer rates
    • 5.6 Empirical Bayes
      • 5.6.1 Example: beta-binomial model
      • 5.6.2 Example: Gaussian-Gaussian model
    • 5.7 Bayesian decision theory
      • 5.7.1 Bayes estimators for common loss functions
      • 5.7.2 The false positive vs false negative tradeoff
      • 5.7.3 Other topics *

最初の方はベイズ統計を使って、どのようにモデルを決めていくかといった内容。MAP推定など。

5.6に経験ベイズの話があり、少し理解しきれていない箇所があるので調べた。以下のページが詳しい。

経験ベイズ

つまりは、事前確率が良く分かっていない状況で、データをもとにして事前確率分布を求めるということだろうか。

最後の方はFalse positiveとFalse negativeについてや、ROCカーブなどについて。この辺は適宜必要な時に見返せば良さそう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です